ボルテックス札幌

ボルテックス札幌とは

ボルテックス札幌アイスホッケークラブは、総合型ウインタースポーツクラブをめざし、
2012年札幌を拠点とする氷上競技クラブ(スピードスケート・ショートトラック・カーリング)「VORTEX」のアイスホッケー部門として誕生した女子アイスホッケークラブです。

クラブには中学生から社会人までの選手が在籍し、所属選手の中には冬季オリンピック大会(2014/ソチ)やユニバーシアード冬季競技大会(2015/グラナダ)へ日本代表選手として出場を果たしました。また、トップレベルを目指す道外出身の留学生選手も多く在籍しています。

チーム名の「VORTEX」は「旋風」を意味します。名前の由来のとおり札幌からアイスホッケー界に旋風を巻き起こします。

理念・目標

「日本一のクラブチームへ!」「世界に挑戦!」を合言葉に目標達成に向けて日々努力を惜しまず、世界に通用する選手を一人でも多く輩出できるよう選手の育成・チーム強化に取り組んでいます。
冬季オリンピック開催地である札幌からアイスホッケーを通してスポーツ文化の普及と青少年に夢のある未来づくりを目指します。

日本一のクラブチームへ!世界に挑戦!

2016年 チームスローガン

“Beyond The Limit”

– 限界突破 –